花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 22日

ハートを開かせる花

b0144605_2203788.jpg
バラといったら、赤と答える人はおおい。
昔、職場の女性が、プロポーズのとき、赤いばらをどっさりもらったら、
即効でイエスと答える、と言っていたのを、
ハァそんなもんかねぇ、
と聞いていたことを思い出します。

でも花屋さんがいうには、赤バラは定番すぎる定番の色だから、少々うんざり気味でもあります
私でも、赤バラを使うとしたら、ベタすぎて避けるか、
なんかひねりをきかせないと使えない、と思ってしまう色です。

でも、そういう小手先のことを考えないでいいのなら、
わたしは、わりとこの色は好きです。
洋服でもかわいい。

今回使ったのは、くすみのない、明るく突き抜け感のある、やや甘さのある赤、
b0144605_13335223.jpgこういうルージュは、スカーレット・ヨハンソンがやたら似合うと思う。
わたしもここぞ、と言うときにはつけたいけど、
ここぞが、久しくないのと、
くちびるだけ歩くのが目に見えてるw。

今回使用したバラは3種類。
このスカーレット・ヨハンソンの、
コロンとした咲き姿のオールドローズは、ルージュリアンという名前、
深く甘い気品ただよわす、ダマスクの香りが、おまけについてくるいいバラです。

同じ色で形の違う赤、とダークな赤黒い赤、の3種仕立て。

ヘロヘロに疲れた方に赤はお薦めしませんが、
元気が出る赤いバラ、
愛を引き寄せ、ハートを開かせます。
古今東西、どこへいっても愛の花です。


形はトピアリー。
今月から始まった、アドバンスクラスで作った生徒さん作品です。



          ・・・・hana-plus からのおしらせ・・・・



・ディプロマコース アドバンス が始まります 毎月一回土曜日、午前10時~午後6時半~
生活の中で、お花を生けることがもっと楽しくなるように、
ベーシックで基本を学んだ後の
さらにステップアップさせるお稽古です。

クラッシックなスタイルからフランスのモダンなスタイルまで、
理論をとおして、花を使って表現することの、楽しさと深みを学びます。

最後は実際の活気ある花市場を見学して、お花を買って、
自分で作ってみるお楽しみ体験も予定しています。

基本や理論はもちろん、
色彩学をとおしてうっとりするような色あわせのテクニック、
今っぽい流行の花の選び方など、
hana-plus ならではの、
とっておきを併せてお教えしています。
ひと月に一度、約一年間学ぶことで、花の楽しみ方が広がります。

・アドバンスクラスは、ベーシッククラスを受講した方が進むクラスですが、
他スクールでだいたい2年以上(たとえば月一回を二年以上)の受講された経験のある方にも
受講できます。


次回は、12月12日(土)10時からと4時半~
所要時間 約2時間半
・8000円(花器別)




          柔らかいグリーンや花をたっぷり使う自然なスタイル
月に一度のパリスタイルの花レッスンを行っています。

季節のお花を楽しむレッスン 毎月最終週火・水(午前10時半~2時~6時半~)
・愛知県豊橋駅近く
・11月は24日、25日両日です。
・6000円
今月は、クリスマスリース。
別日でも、ご希望あれば2人以上でレッスン申し受けます。ご相談下さい。

b0144605_22595215.jpg
















お問い合せは、お気軽に。
mika_yamamoto@mbe.nifty.com
090-7864-4727
hana-plus 山本ミカまで




ネットショップ STORES gift hana-plus はこちらです→

右端ブログパーツから、ご入店できます。→→

[PR]

by pikeflower | 2015-11-22 11:57 |


<< 龍譚寺 散策      踊るしあわせ >>