花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 20日

母のこと、介護のこと、そしてもうクリスマス

こんにちわ。
久しぶりすぎて、写真のアップの仕方を忘れていました。
寒くなりましたね。
来週は、もうクリスマスのレッスンです。


b0144605_2045710.jpg
さて今日は、備忘録としてちょっと介護について。

今、在宅と施設の看護で看ている、認知症の母がいます。

10月からの母は転倒2回に加え高熱に肺炎で、治療と入院先の確保で右往左往、
同居の家族も次々と風邪と過労で倒れるやらで、
気の休まる暇のない日々でした。

転倒で頭を打って顔がボールのように腫れ上がり、
40度の高熱で夜中の1時に救急搬送されて
ぐったりして首もすわらず、水も薬も飲めなくなった母を、
CTで異常ないので、入院はできません、
深夜で介護付きタクシーがないから連れて帰れないのに
(実際担架が必要なくらいだった)
待合室にいられては困ります、
言葉はすごーく丁寧だった、某市民病院・・。
深夜の妹の電話で飛び起きて、雨風吹きすさぶ台風の日、
ぐったりした母を家に連れ帰りました。

医療と介護は、もう少しフレキシブルに連携したら家族も安心なのに。
必ずしも使う立場になっていないのは、行政も原因ね。
実際、介護を始めてようやく現状がわかってくることも多々あり、です。

その後医療現場でもう一度倒れてまた頭を打撲、
なんだかドラマチックにいろいろあって、
思い出しても、力のぬけた笑いが出ます。






それでもやはり、医療と介護のスタッフのみなさんのおかげで
今はようやく一段落して母も落ち着きました。
わたしもホッとしたところです。

家族でなんとかしなくちゃいけないとか、
自分ががんばらなくちゃいけないんだと考えると、孤立がはじまります。

困ったときや、苦しいときは手を挙げて
助けて欲しいといえば、それぞれの専門域から、
だれかがなんらかの助けや、よい考えをさしのべてくれます。

心を開けば、
実に多くの人々に、守られているのだなぁと思います。

だれかのためになれたら、うれしい。
みんな多かれ少なかれ、心の何処かでそう思ってる。
仕事としてだけでなく、人は愛でもつながっています。
みんなどこかでつながってるのね。

b0144605_22173212.jpg


小さな頃からなにかと、わだかまりもないわけじゃなかった母娘ではあったのですが、
介護を通して、いまは何のてらいもなく 素直に
心から母を愛せるようになりました、父もね。
それがとても大きな、自分への癒しとなりました。
これがギフトだったんだなぁって。

2年前の母@初めての展示会で。
このころは、すでに自分で服が着られませんでしたが、
妹のおかげで、展示会にも来られたし、
認知症にみえない、と主治医が太鼓判を押した1枚。
わたしより写真写りよし。














         ・・・・hana-plus からのおしらせ・・・・

      柔らかいグリーンや花をたっぷり使う自然なスタイル
月に一度のパリスタイルの花レッスンを行っています。

季節のお花を楽しむレッスン 毎月最終週火・水(午前10時半~2時~)
・愛知県豊橋駅近く
・11月は25日、26日両日です。


・ディプロマコース ベーシック 毎月一回土曜日午前10時~
生活の中の実践的なお花の基本から、学びます。
次回は、11月24日(月)10時から
テーマは、クリスマスリースです。


お問い合せは、お気軽に。
mika_yamamoto@mbe.nifty.com
090-7864-4727
hana-plus 山本ミカまで




ネットショップSTORES gift hana-plus はこちらです→

右端ブログパーツから、ご入店できます。→→

[PR]

by pikeflower | 2014-11-20 11:29 |


<< ダリアのグラフィックブーケ      白いリースとスーパームーン >>