花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 21日

夏のsoleil と救急車初体験

また、ごぶさたしました。

夏も暦の上ではもう終わり(この酷暑でーー;?)
花材として使えるひまわりは、そろそろ終わりです。

お花に疎くても、ひまわりくらいはたぶんだれでも知ってます。
ある面、初心者マーク的なこの花を、
おとなかわいくシックに生けるのは、ちょっとコツがいります。

実はわたしも、この花を敬遠していた時期が長らくあったのですが、
パリスタイルのトルチュ(Christian Tortu)で使ってからは、
今では、素直にこの花が好きです。

暑さにうんざりした気分を、
もうちょっとがんばろうか・・とその気にさせてくれる晩夏のSoleil です。




b0144605_176113.jpg



今月のレッスンのおしらせ

さて来週(火・水曜)は、レギュラーレッスンです。

最後のひまわりを使います。
持ち手のついたバスケットで、
自然にエレガントに、パリスタイルのコンポジションを作ってみましょう。




実は、
先日生まれて初めて救急車に乗りました。
患者はわたしでなくて、主人。

朝から強い胃痛を訴え、休日診療所に行ったものの薬がきかず、
夜になったころ、痛みがマックスに。
脂汗ながしながら声あげての、文字通りの七転八倒、
私も119を押すのにもドキドキして汗かきました。

救急隊員ってすごいです、
ま、最近は病院に行くのが面倒だからと
タクシー代わりに救急車をよぶ不届き者もいるそうですけど、
ときには、凄惨な事故現場などいろんな修羅場をかいくぐっているのでしょう、
救急隊員は冷静沈着的確です。
隊員の一人は、まだ若いお嬢さんでした。

ドラマのERは飽きるほどみましたが、やっぱりドラマじゃなくて現実だと思うと、
すごいなって思いました。

(結局、夫の柿野さんは急性胃腸炎で、一日入院翌日めでたく退院)


その後、その夜のバタバタを思い出していたら、
お世話になった救急隊員の方にお礼をいうのをすっかり!
忘れてたことに気づき、
どうしようかと散々迷ったあげく、

また119を押し(笑)
先日お世話になった感謝の気持ちを伝えました。

年配の男性がでましたが、
それはご丁寧にありがとうございます。
と、うれしそうな声で言って下さって、ホッとしました。

世の中には、命をあずかる尊い仕事をしていらっしゃる人がたくさんいますね。
仕事ですからといえば、そうですが、今回現場を実際みて頭が下がりました。


秋とはいえ、みなさまも、夏ばてに気をつけ体調管理をしっかりと、ね。



ぁ・・それともうひとつ、
自分じゃできないけど、一度はやってみたいと思ってた、
つぎつぎと車を追い越して、赤信号でさらにかっ飛ばす車窓からの風景017.gif、というのも
これまた貴重な体験でありました。
[PR]

by pikeflower | 2012-08-21 18:43 |


<< ブルームーンの誓い      来週のカジュアルレッスンは・・ >>