花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 12日

Party at home

真冬ごとにお味噌を仕込みはじめて、3回くらいになります。

メンバーは、
新婚の時、フレンチのシェフに料理のいろはを教えてもらった頃からの友人、
その後、食と料理に興味あって気がついたら横にいた方々(笑)。

お味噌仕込みは、ひとりでやるには、ただの重労働ですが、
一緒にやれば、楽しみになります。

そして秋になっておいしく熟成したころ、
みんなが自分のお味噌を手にわが家に集まり、
一緒にご飯を食べるのも、
一年に一度のお楽しみです。

で、この日はその持ち寄りパーティ。

おまけ、といってはなんですが、うちの柿野さん、
仕事のお昼時間に帰ってきて、まさかの参戦(笑)
こんなお料理上手美人に囲まれたビジネスランチ、あなたはしあわせ。
うれしそうな顔して、また仕事に戻っていきました。


b0144605_2094081.jpg

←ムーミンちゃんのバンバンジー。
たれももちろんだけど、
鶏肉が塩麹でつけ込んだものなので、ぐっと柔らかくて風味も違う。

塩麹は塩、水、麹で発酵させる万能発酵調味料。
もともとは、ある地方に伝わるものだったそうです。
簡単に自分でも作れて
肉・魚・野菜なんにでも使えて、わが家でも静かにブーム。

b0144605_20121354.jpg







中華風コーンスープ→
紹興酒を使うところ、ムーミンちゃんらしく正攻法やめて古酒をつかったとかで、
コクと香り高し。




b0144605_20172942.jpg

ジャガイモのグラタン。
ジャガイモは1㍉の薄さに切って、そのままソースをかけて焼きます。
ソースはゴルゴンゾーラ入りで一工夫。
ヒロミちゃん作。



b0144605_20202050.jpg






牡蠣のオイル漬けはタカちゃん。
これは、レシピ聞いてびっくり。
簡単、おいしい、さらに1ヶ月持つときいて、わたしも作ることにした(笑)
牡蠣をから煎りして水を出し、オイスターソースを最後にからめて、グレープシードオイル・にんにく・鷹の爪につけこんでできあがり!
(注意)お酒、すすみます。



b0144605_20423629.jpg

モモちゃんカレー。
雑穀のはいったカレー、ダール(豆カレー)みたいでやさしい味。
辛いのダメな柿野さん、もっと食べたかったと後で言った品。

後ろの小さなパンは、モモ友の、パンの達人エミちゃんオリジナル。
このカレーにあうパンをと頼んだ、わがままオーダーメイド。
うらやましいお友達ね、
今度はエミちゃんもご一緒にどうぞ^^





b0144605_20464263.jpg

このところずっと、マメマメしい料理のわたしは、またカスレ(笑)
フランス南西部の家庭料理ですが、
豆と肉の種類は違えども、どこの国にもこういうのありますね。

これは、白インゲン豆と自家製塩漬けスペアリブのトマト煮込み。
ミックスプロバンスハーブ入りパン粉とオリーブ油をふって、
最後にオーブンでカリッと焼く、
パーティだからちょっと一手間。






最後のデザート。

この日の朝、実はうれしいサプライズのプレゼントが・・。
長野の小曽部デールの桑畑さんから、愛情ケーキが届きました。
どうも、ムーミンちゃんが今日がパーティだと彼女に話したらしい。
うれし~ぃ^^
相変わらず、ツボを押さえた細やかな気遣いの桑畑さん。
キャロットケーキ・チーズクリームサンド。

アメリカあたりにいた人にとっては、きっと懐かしいホームメードケーキ。
シドニーにもありましたよ、学校のカンティーン(学食)に。

にんじん、パイナップルとくるみたっぷりの滋味深いケーキと、
サンドされたチーズクリームが、すご~く合う(涙)
これは毎日1ピース食べたい。大きさも、アメリカンです。
欲しい人は、注文してね(笑)。

b0144605_20575021.jpg


その手前は、ムーミンちゃん作ドイツのパン。
フルーヒテ・ブロート。
クリスマスのドイツといえばシュトーレンですが、それより通好みのパン。
(というか、通すぎて売れないから店にはない・笑)
中に驚くほどのドライフルーツがぎっっっしり。
全部オーガニックフルーツで、しみじみおいしい。


そして、毎度おなじみ紫芋のおしるこ、ブラックタピオカと白玉入り。
お手製クーゲルホッフのスライスといっしょに(わたし作)。



女3人よればかしまし、と申しますが、
その倍以上寄れば、どういうことになるかおわかりでしょう。
・・おしゃべりの渦の中での、おいしいランチでした。
[PR]

by pikeflower | 2010-12-12 21:57 | 料理と甘いモノ


<< クリスマスウィーク      クリスマスリース 2010 >>