花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 01日

おいしいものが届いた

最近のわたしは冴えません。

この数ヶ月は主人の仕事と自分のこと、体調、
そして肝心の花の仕事を考えて悶々とすぎる日々。

この間はおいうちをかけるように、同じような主婦ブロガーさんの、
そんじょそこらのプロ以上に、垢抜けた写真と美的レイアウト、
突き抜けて洗練されたブログをみてノックアウト。
世の中にはこんな人もいるんだ・・と感動と、
だんだん稚拙に見えてきた自分のブログを振り返り、更新の気力が風船のようにしぼみました・・。


と・・・いいながら更新している- ^^;




でもそういう時期なのかな・・と思ったとき、


突然届いた宅急便。


長野・塩尻は、ダイニング小曽部デールの桑畑さんから。
はぁ・・そういえば・・・
私がいつぞや贈った愛知産みかんの(それって去年^^;)
お返しだと(笑)


ホームメードのチバタブレッド(ciabatta bread)
外カリッ、中もっちりのイタリア系フランスパン。相変わらず、オサレな桑畑さん。
そのうち、ベーグルみたいに日本でもブームになるかも。
チキンなどお肉系サンドイッチにもよさそう。

b0144605_17403979.jpg




そして、手塩にかけて桑畑さんが育てたパキパキに新鮮なレタスに水菜、
レバーのコンフィ、カレー風味のビーンズサラダ、
フムス(ひよこ豆のペースト)、ミートボールのトマト煮込みに
オレンジの香りがさわやかな、レタスにぴったりのドレッシング。
いずれも小曽部デール特製のおいしい詰め合わせ。

b0144605_17405775.jpg



サプライズです、
しかもこんな時だから、がんばれよって言われているようで、うれしい。

主人とふたり、さっそくいただきながら、
おいしいものから少し力をもらいました。




長野の農村にポツンとある、ちょっと意外な、そして気持ちのいいレストランです。
これからのさわやかな季節にぴったりの、大人の隠れ家みたい。
そして、アメリカのホテルリッツで修行したシェフ桑畑さんの腕も本格的。
おすすめです。

長野県塩尻市洗馬3616
ダイニング 小曽部デール (コソブは地名、デールはdale 谷の意味です)
℡ 0263(54)-6848(要予約)

[PR]

by pikeflower | 2010-06-01 21:45 | 小曽部デール


<< 最後のすずらん      懐メロアレンジ >>