花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:others(その他)( 9 )


2011年 10月 27日

京都 one day trip

お花のみなさんと一日旅行で、
いつか京都でご飯だべたいな・・と
言い出したのは、確かわたしだったのです。
ここから京都は案外近くて、
一日で行って、ご飯を食べて帰ってこられる距離なので。

が、今年はまったく気力体力がすぐれなかったので、
中止か無期限延期に・・と思って、おずおずといいましたら、

いぃぇ!だいじょうぶ、ピケさん、
そう言うときにこそ、気晴らしに旅行はいくべきよ。
と、生徒さん随一アクティブなMrs.teddyさんに、どぉんと背中をおされ、

それじゃ、企画立案はわたくしが、と引き受けて下さったのは、
一見深窓の奥様、でもじつは、元祖山ガールのHirokoさま。

連れて行ってくださるのなら、どこへでも~
とニコニコおっしゃるKimikoさんとMrs.Oさん。


初秋のある日、都合のつくみなさまだけで、京都に行ってまいりました。
お花つながりの生徒さんとの旅行などは、今回初めて。

人生の酸いも甘いもわかっている、優しいお姉さま方のおかげで
わたしはすっかり甘えて、
気持ちのいい京都を、一日ゆるりと満喫することができました。


b0144605_11175561.jpg





b0144605_11183626.jpg


比叡山延暦寺の門跡のひとつ。青蓮院の庭園。
紅葉にはやや早かったけれど、見事な庭です。
でも、もみじもちらりと、赤くなってます。
作られたのは室町時代。
雪降る、冬のお庭もすてきでしょうね。






「わたしを撮って♪ 」とチョウチョが言ったので→
このお花、なんだっけ・・。
^^;





















b0144605_11213220.jpg


b0144605_11201030.jpgお昼は、烏丸御池の岩さき。
のれんの下から、だれかのおみ足。

会席料理、8品くらい出てきました。
京都らしいいいお味。
企画担当のHirokoさんがよく行く吉良屋(豊橋市)の板さんにきいたお店だけあって、
プロにきいたプロのお店。
いろいろ手が込んでます。
勧められて、日本酒をお猪口いっぱいで乾杯、あっという間にいい気分^^

右写真は秋鱧のお椀。→





白いTシャツとタブリエ締めて、きびきび働く女将さん。
髪は慣れたかんじの麗しいアップ、長めのアイラインが美しい。
女のわたしもみとれました。
客あしらいもとっても上手で、この笑顔をみたくてくる常連さんもいるんじゃないかしら。
手伝ってるお嬢さんも、お母さん譲りのとびきり美人。

帰るとき、料理長のご主人と女将さんが玄関先で、ずっとわたしたちを見送ってくれました。



帰りの新幹線のなか・・

teddyさんいわく、きっとあの女将さん、引きずってたと思うゎ。
(は?引きずるって何を・・?)
着物よ!
(・・・・・・・・・・・・・ぁ・・芸妓さん?)
お嬢さんが言ってたでしょ、
この店のお米を、丹波のおじいちゃんがつくってますって。
(うんうん)
丹波から出てきて、苦労して芸鼓さんになったの、
そんなとき出会った
内気で、寡黙で、仕事のできる年下の板さんのご主人を、
あの美貌ですっかりとりこにして結婚しちゃったのね、
それで紆余曲折、ここまでのお店に女将の力で、もり立てたててきたってわけ。
(全員そろって) なるほどねぇ~~

(このドラマは完全なフィクションです)





b0144605_11225792.jpg


今、お江でもでてますよね、秀吉とねねが祀られています。
ねねは秀吉亡き後、出家して高台院となりました。
ここは、高台寺。

手前が開山堂、奥が霊屋(おたまや)。
ねねはここに眠っています。
国の重要文化財です。



行きの新幹線の中では、
Hirokoさんから、みかんとチョコとおせんべいの入ったビニール袋が配られ、
小学校の遠足を彷彿とさせ、
花の話は全く出ませんでしたが、
たのしい話が途切れない、いい旅行でした。

行きたくないと言ってたのがうそみたい、
また行きたいな^^
[PR]

by pikeflower | 2011-10-27 14:07 | others(その他) | Comments(8)
2011年 06月 25日

クール系ネックレス



言いたくないけど、暑いです。
わが家のグリーンのカーテンもまだ20センチかそこらしか育ってないのに
これでどうやってこの暑さを乗り切ろう・・。


さて、人気のビーズ教室・aqua dropの泰代先生に教わって作ったネックレス。
シックでおしゃれなデザインのビーズを教えてくださる、
キュートでやさしい先生です。

b0144605_14442034.jpg


ビーズは編み物的な要素もありますので、
編み物苦手というか、嫌いというか、
目を数えてると、息苦しくなって、気が遠くなって、今晩のおかずが気になりだし、
そのうち脱力してくるわたしに、
それでも作ってみたい、と思わせること自体すごいというか、
やはり先生の作品が魅力的というか、ご指導がうまいんでしょうね。

そのうえ、黒はちょっと・・だの、パーソナルカラーがいいなぁだの、
おずおずと言い出す超わがまま生徒なので、
いつ破門されてもおかしくないのですが、
気さくで物事に動じない先生です。
(ごめんなさぃね012.gif先生)



一瞬、暑さわすれるクールでクリスタルなネックレスです。

でもできあがってから、後ろの留め金を逆につけたことに気が付いた。
逆についた留め金は、つけにくいことこのうえなく、
でも、どうなおしていいやらわからないので、
次回、猫なで声で先生に聞いてみよう。

前回できたからって、またすんなりできるとおもっちゃいけないね。
[PR]

by pikeflower | 2011-06-25 15:51 | others(その他) | Comments(2)
2010年 12月 23日

切り絵のクリスマスツリー


これは、クリスマスまでにアップしておかねばなりません。

この一ヶ月くらいに名古屋・ミッドランドに行った方なら、ご覧になったかも。
今回わたしが感動したツリー・・。
吹き抜け三階分くらいの高さかな。

b0144605_1442745.jpg


b0144605_14434100.jpg







よくみると、チョウチョがたくさん飛んでいます。
                      ・・・ほらね。










                               切り絵です、これ。
                               青白いクリスタルの光の中で、幻想的、そしてエレガント。
                               でも近くでみると、くらくらするほど緻密なものです。               
b0144605_14435611.jpg


通りすがりにこれをチラッと見て、
ぁら、素敵!
今度の(花の)アレンジに使おうかなぁ・・どこのだろう、
と思ってみたら、
そんな、レッスンで手軽に使うだなんて、とんでもない代物でした(汗・笑)

これは今は有名な、フランス在住日本人切り絵作家の作品だそうです。
今時にいえば、(美人すぎる)女性作家さんです。
レーザーで焼いて作るレースペーパーなら知っていますが、
これはひとつひとつすべてをハサミで切り込んで作るのだそうです。
気が遠くなりそう。

やっぱり、日本人はどこへいっても手が器用。
フランスの人々を驚愕させたんじゃないかしら・・
私の知ってるオーストラリア人だったら、だれか気を失うかも。
同じ日本人として誇りに思います。
(ぃや・・わたしにはとてもできませんが^^;)
[PR]

by pikeflower | 2010-12-23 15:13 | others(その他) | Comments(6)
2010年 09月 13日

Baka bon bon


夏の間、欲しい欲しいと思いつつ、
暑さにぼけて注文がおくれていたCDがようやく手元に届きました。

フレンチポップスのシンガー、クレモンティーヌです。
ボサノバ系や軽いジャズなどが好きなわたしには、
クレモンティーヌもずいぶん前からのお気に入り。

かる~くささやくように歌うので、小野リサ的省エネ唱法の人です。
今回のCDがおもしろいのは、
日本の有名なアニメソングを、フランス語でカバーしているところです。
しかも、いつものソフト&メローにボサノヴァ風。
オサレでオトナっぽい。
この落差にびっくりand 萌え(笑)です。

b0144605_17243422.jpg



風の谷のナウシカとかポニョとか宮崎アニメは、
わたしも好きだから思わず一緒に口ずさみます、フランス語で・・
(lぃえ、さびの部分の日本語しか歌えません^^;)

天才バカボンも
バカボンボン じゃなくて、やさしい声の仏語アクセントで、
バカボ・ボン♪ 
と聞こえたら、フランスのエスプリ(笑)

こんなこといいなっ♪ の、ドラえもん。
ハィ タケコプタッ・・♪
のささやきのくだりでは、マジで笑えました。

はじめてのチュウ(キテレツ大百科)・・は涙がでそうにかわいくて

キャッツアイ・・もパンチのきいた杏里おねえさまより、こっちのほうが新鮮かな。


やっぱり、原曲のイメージとこれとは、別物、と考えた方がいいです^^
しばらくこれ、花レッスンのBGMです。
決まり。
[PR]

by pikeflower | 2010-09-13 18:38 | others(その他) | Comments(8)
2009年 07月 03日

遠い日を思い出して・・


雨がふったりピーカンのお天気だったり、
いまひとつ気力に欠ける、梅雨らしいといえば梅雨らしい今日このごろですが・・



先日は何十年かぶりに同窓会(中高一貫の女子校でした)に出席しまして、
15やそこらのころの同級生に久しぶりに会いました。

みんなそれなりにきれいに年を重ね、
笑い方も話し方も全然変わってなくて、
当時はつまんないなぁ・・と思って歌った校歌を、最初に歌わされたんですけど、
それでいきなり、少女時代にタイムスリップしまして、
(ぃや~不覚にも)一瞬目頭熱くなったり^^;
同窓会というものもいいものだなぁと・・思いました。

b0144605_13194046.jpg



このあいだはマイケルジャクソンが亡くなりましたね。
特にファンじゃなくても、
最盛期当時、彼の歌を聞かなかった人はいないくらいのスーパースターでした。
わたしも青春を少しお世話になりました。
晩年は醜聞ばかりが聞こえてきましたけれど、
子どもらしい幼少時代がなく、寄り添うパートナーもなくて、
この人に心穏やかな私生活なんてあったのか(ないだろうなぁ・・)と思ったり
すばらしい才能と足跡を残した人ですけれど、
世界で一番誤解されたスターとも言われ、
最後はクスリにまみれて亡くなって、
同じ世代の人だけに
・・なんとも切ない気持ちになりました(・・涙)。



そして、マイケルと時を同じくして癌で逝ったファラ・フォーセットメジャーズ
思い出しました・・こちらも若い頃あこがれのお姉さまでしたゎ。
彼女を知らない若い方のために言いますと、初代チャーリーズエンジェルだったのよ。
あのスーパーなプロポーションと金髪のライオン髪にあこがれた人は数知れず。
ロングの髪を巻き毛にしても、日本人の黒髪じゃ妙に重々しくて、
メイク真似したって、今思えば、なんだかなぁ・・でしたけど、
JJおねえさんや、サーファースタイルにファラ風の髪はおきまりで、
ファラみたい・・っていうのが、当時は最大のほめ言葉だったり・・

一つの時代の幕がだんだん降りていくかんじです。
苦しみから自由になったマイケルもファラも、安らかに・・


ということで、つれづれなるままに、青春を思い出した今日このごろでした。
[PR]

by pikeflower | 2009-07-03 13:23 | others(その他) | Comments(2)
2009年 02月 28日

わたしらしくないもの

実は先日、なりゆきで、ビーズ教室なるものに参加することになり、
作ってきました・・・ネックレス。

できればこのままずっと糸と針を持ちたくない苦手な洋裁や、
なぜか、だんだんイラッとしてくる編み物に続き、
私的には、あり得ない分野です。


いつもすてきなビーズアクセサリーをつけてる、お花の生徒さんのおひとりから、
ビーズの生徒作品展に誘われて、たまたま行ってみたところ、
アンティークビーズなどもふんだんに使った、
なんともクラッシックな、ディープ調のすてきな作品の数々に、
ステキィ~!
と同行のくんちゃんは、すんなりとお教室へのお誘いにはまり、
わたくしは、くんちゃんにひきづられるように、
「ぅ~ん、じゃ一度だけ・・(汗)」
と、やってきて、できた作品がこれ。

b0144605_16172780.jpg



先生はとても親切で、作品作りもそうたいして難しくなく、
そりゃそうよ・・当然!工具を使ったむずかしいところは、全部先生だし・・
これが初回とも、苦手分野とも到底自分では思えない、満足チックなできばえ(笑)


この次は・・どうなさいます?と聞かれ、
ネコ好きな先生に、写メに写ったおうちのジャニーズ系美猫のネコちゃんを絶賛され、
さらには、他の生徒さんに実年齢より10歳も若く見られちゃった、くんちゃん・・・(ノ゚∀゚)ノ 
次回、行かないわけがなく・・・
じゃ・・わたしはこれで・・・と辞退できる雰囲気はもうそこにはなく・・・・





次回もやることになってしまったのでした・・(汗)
[PR]

by pikeflower | 2009-02-28 16:52 | others(その他) | Comments(8)
2009年 02月 09日

春はすぐそこ

数日前、朝起きましたら、いきなりくしゃみ10連発。
6回くらいしたところで、
ふと思った・・・
どこまで続くかやってみよう・・(笑)

花粉の時期がもうやってきたって、こんなところで春を感じたりして・・(´ε`;)
すでに空気清浄機と共に生きるわが家ですが、
みなさんいかがお過ごしでしょうか。


先日は陽気に誘われて、
昼間ぽかんと時間の空いた柿野と一緒に、愛知県の南の果て、渥美半島へドライブに。
ここは、県下でも、一番早く春が来る南国的な場所です。
b0144605_20483820.jpg

半島の先端にある、ホテルのカフェ(喫茶店というべきか・・)から見下ろした夕暮れの風景。
椰子の木が見えます。
近場の方なら、ここがどこかすぐおわかりでしょ。
左に見えるのが、神島。
三島由紀夫の潮騒の舞台になった島です。





こんな畑もあちこちに。
b0144605_20494582.jpg



今の時期、黄色を見ると妙に鼻がむずむずします。
菜の花はまだしも、ミモザなどは花粉の大群としか思えず・・ (´ε`;)
ぁ・・でも春の景色は好きです。
以上、写真はコンデジで撮影です。
b0144605_20501110.jpg

[PR]

by pikeflower | 2009-02-09 21:05 | others(その他) | Comments(4)
2009年 02月 02日

節分

そういえば、いろいろな方が見て下さるブログですので、
たまに出てくる、柿野は何者?と思ってる方もいらっしゃるようで、
時々わたしも聞かれます。

ブログにある検索ワードを見てみると、
このブログから(柿野)ということばを、ググられた方もいたようで、
申し訳ないやら、おかしいやら・・^^;

柿野は夫でございます。
姓は柿野 名は種で、カキノタネ好きの本人が付けました(笑)

おかげさまで、わが家を訪れる方々から、
最近は、お手土産に+αとして柿の種をいただくことが時々あり・・・

先日はcoop柿の種チョコレート、
その前は元祖・越後の柿の種缶入り、
そのまた前は、主人の日頃の友・亀田製菓の柿の種・・・。

思いも寄らないブログ効果に、よろこぶ一方で、
妻が無断で、勝手に、テキトーに自分のことを書いているのではないかと、
イヤな予感もよぎっているようです。

・・なにはともあれ、ゲストの楽しい心づかいに感謝する、柿野家の今日この頃です。

b0144605_1455168.jpg


今年もみなさんに、たくさんの福が訪れますように・・
なお、豆はわが家バージョンになっています。
[PR]

by pikeflower | 2009-02-02 15:18 | others(その他) | Comments(0)
2008年 12月 04日

晩秋の景色



秋のお天気のよい日に柿野とドライブしました。
まだ今年の紅葉を拝んでいなかったので、とてもいい気分転換に。
b0144605_21512087.jpg




場所は静岡県の文化財にも指定されています、龍譚寺(りゅうたんじ)。
わたしも毎週楽しみなTVドラマ(篤姫)にも出てくる、
安政の大獄で有名な大老・井伊直弼の井伊家の菩提寺でもあります。
テレビでは、中村梅雀が演じてました。←彼好きっ^^ ぽゎんとしたところ。
でもドラマでは冷徹な演技してました。



b0144605_21582234.jpg





拝観料400円で、すばらしい庭園と紅葉もセットで見られました。
京都に行きたかったのですが、足の怪我がちゃんと治るまで旅行は控えたく、
少々がっかり気味のこの頃でしたが、
近くにこんなに静かに秋を感じるところがあるなんて、うれしかったな。



b0144605_22221471.jpg














まぁ・・確かに京都の永観堂あたりでは、
入場料一人2000円(・・高かったんで覚えてるの^^;)に
+最も紅葉がきれいな庭は、高い塀で囲ってあって、
さらにそこで+αの割り増し料金・・(なんだかなぁ^^;)
しかもまっすぐ歩けないくらいの人人人・・・・
お昼どきになれば、店を予約でもしないかぎり、どこもかしこも満員御礼・・昼食難民必至です。
全国からこの時とばかりに、数十万人の人が押し寄せる京都ですから、無理もありません。

でも・・・・空いてきたら、また行こっっ^^  懲りてません。







龍譚寺をでたところで一枚・・

b0144605_22131096.jpg



行きしなの車の中での会話・・・

わたし「写真はマクロ(近くだけ)しか撮ったことないから、今日は撮ってね」
柿野 「うん!」
わたし「じょうずにとってよっ
柿野 「わかってるって^^」

わたし「わたしのブログにのせるんだから・・」

柿野 「えっっ?自分で撮ったって言ってのせるの(怒)?!」
わたし「ちゃんと柿野 種って名前載せてあげるから・・ねっ^^」
柿野 「- -; ・・・・・」

以上、ピケによるロケハン・アングル指示及び美術総監督、写真撮影は一応・・・柿野でした(笑)
[PR]

by pikeflower | 2008-12-04 23:19 | others(その他) | Comments(6)