2013年 12月 16日

フラワーレメディ 愛してるといって、のチコリー

感情に効くフラワーレメディ、バッチの38種類のレメディの中の、
今年最後の花は
チコリーという美しいライトブルーの花です。

これはとてもセンシティブで
摘んだらあっと言う間にしおれ、見ていると胸がキュンとしてくきます。

b0144605_21395681.jpg
チコリーのレメディを考える時、一番に思い浮かぶのは、
人を細やかに思いやる、母のような愛です。

ですが、結構この手のマイナスに傾く人は多く、たぶんだれでも一度は経験ありそう。

親から離れることに不安を持つ子供とか、(分離不安)
子供から離れることができない親とか、
(結婚した息子が、ずっと連絡してこないと怒る)
(アナタがいるのはわたしのおかげ、感謝せよとか)
人の自由を独占したり、見返りを求めたり、もそうです。

自分の思うように友達をコントロールをしたい、きいてくれないと怒りだす。
憐憫の情で相手の同情を買おうとするのも、同じ。



ついでにいいますと、レメディはペットにも使えますので、たとえば
飼い主が離れると、ギャン泣きするワンちゃんもこれです。
人間はややこしいけど、犬はストレートw


他のレメディが同時に必要なケースもありますが、
その心のベースは、愛情の欠乏感です。

たとえば原因のひとつは、自分が満足するような愛し方を、親はしてくれなかった、
一度もちゃんと愛してくれなかったという、満たされていない孤独感です。


でもこれがなかなかやっかいで、
完璧な親など、なかなかいませんし、
わたしの親もそうでしたが、愛していても、それを上手に子供に表現できない親は多いし、
誤解されて子供に伝わっていることもあるし、
思い込みも結構あるんじゃないかな、と思いますけどね。



もともとチコリー気質の人は、人の面倒を細やかに見る愛情深さがあるので、
それがググッとマイナスに傾いた結果、
面倒みてやるから言うこと聞けよ、の方に強くいっちゃうわけです。

だからチコリーは、前回お話ししたヘザーがまるで(愛に飢えた子供)のようだと比喩されるのに対して、
(愛に飢えた母親)という言い方をします。



では、チコリーに陥った人には、何が必要かというと、
(手放す)こと。

なにを?
執着です。

相手に期待しすぎないこと。
大事な人でも、自分の思うように支配やコントロールすることはいけないことだと、知ることです。

そうやって、自分の中の不安や孤独を手放すと、
無償の愛を、家族や人に与えることができるようになります。

無償の愛は、人に安心感を与えます。
そうすると、いつか離れていった人たちも帰ってくる。
しがみつけばしがみつくほど、人は離れますからね。

求めれば求めるほど、(愛は)離れていき
手放せば、(愛が)やってくるよ、
とチコリーは言ってるのね。


慣れ親しんだ執着を手放すことは、簡単なようでむずかしいと思います。
だから、どうしようもない寂しさや、孤独な心のざわめきから、
相手にしがみつきそうになったら、
このエッセンスを二滴、口の中に落とします。

チコリーの花の波動が
ゆっくりと切ない感情を溶かし、
ゆらぐ心が安定していくのを感じると思います。


今年一年、すこしづつ子供のようになっていく認知症の母を見て、
とりまく家族、回りの友人や人々をみて、
今年のわたしのテーマは愛と受容だったかなと思います。
いろいろな気づきが与えられた、貴重な一年でした。










お知らせです


山本 ミカ 冬の小さなフレームアート展  (フレームの中の花アレンジメント)

(開催期間) 2013年12月3日~翌年1月15日まで(当初の予定12/25を変更しました)
(場 所) ダイニング 小曽部デール 
      長野県塩尻市洗馬3616
      ℡ 0263(54)-6848
      ・JR名古屋から ワイドビューしなの で2時間、 塩尻 下車 タクシーで約15分)

・lunch ¥2500~ dinner ¥3500~
・一日一組限定のため、ご予約くださいませ。
・喫茶もあります、こちらも事前にお電話を




柔らかいグリーンや花をゴージャスに使う自然なスタイル、
月に一度のパリスタイルの花レッスンを行っています。
・季節のお花を楽しむレッスン 毎月最終週火・水(午前10時半~と2時~)

今月はお正月のお花 
今年最後のお花レッスン、華やかです。
12月28日(午前10時半~と2時~)


お問い合せ
mika_yamamoto@mbe.nifty.com

[PR]

by pikeflower | 2013-12-16 22:36 | フラワーレメディ | Comments(10)
Commented by chika1985chika at 2013-12-16 22:48
こんばんは~☆
↑ 深い深~い良いお話を聞かせていただきました♡♡
↓ネズジンパチにドキッ。。。。
(ファンだったんです。。。 笑 )
Commented by pikeflower at 2013-12-17 12:21
chikaさん いらっしゃいませ。
ひょっとして、去年の展示会に来て下さったchikaさんでしょうか^^?
コメントありがとうございます。
ジンパチさん、わたしも好きでしたよ。
静かでクールでかっこよかったです。
まぁ・・タイプっていうんでしょうかね、そういうの。
Commented by uransuzu at 2013-12-18 12:34
チコリーって、あのサラダとかで食べるチコリーですよね。
こんな綺麗で優しい花が咲くのですね。
たしか、ベトナムコーヒーにも入っているって聞いたことがあります。
執着から解放されるのね・・飲ませたい人がいます・・・
Commented by pikeflower at 2013-12-18 18:32
そうですよ、あのチコリーです。
ベトナムコーヒーはのんだことありませんが、タンポポコーヒーみたいなもんかしら。

飲ませたい人います?
結構いますよねぇ(笑)
私は、家の前に住んでるギャン泣き犬に一服盛りたいところです。




Commented by Gabrielle at 2013-12-20 16:59 x
こっちではというか多分ヨーロッパ一帯だと思うけど、チコリはコーヒーの代わりに飲まれてる。カフェインがないし、なんか薬用があるとかで。
確か薬草として、乾燥させて使うんじゃなかったかしら?
ネスレもリコレって商品名でチコリとコーヒー半々の顆粒があって、うちの子は大ファン、豆乳で溶いて飲んでるけど、まだまだすごい依存系だわー(笑)。
Commented by pikeflower at 2013-12-21 21:00
Gabさん

チコリーのその飲み物、わたしも飲んでます。
日本にも輸入ものでみつけました。
根っこの焙煎ドライか、なんかでしょうかね。
コーヒーよりいいかなと思って飲んでますが、
ネスレのそれを豆乳わり、美味しそう。わたしもやってみようかな^^
Commented by umih1 at 2013-12-23 20:46
うんうん、そうか、勉強になるー
依存はある程度なら良いものだと思うけどね、過ぎたるは及ばざるが如しだねー
私はコーヒー大好きで、寝る前に飲んでも熟睡。ポリフェノールやら、肝臓に良いやらで、コーヒーも捨てたもんじゃないよね。
それにしても、植物パワーは素晴らしいです!(◎_◎;)
Commented by pikeflower at 2013-12-23 23:18
umiさん

植物パワーすごいでしょ。
でもコーヒーのんで熟睡するumiさんもすごいかも。
わたしもコーヒーは香りがすきでのむんだけど、
体調わるいときは体が受け付けないの。
Commented by uransuzu at 2013-12-28 13:54
いつのまにか、お顔を公開していらしたのですね♪
想像通りのとても素敵で優しそうなpikeさん❤
本年も大変お世話になりました。
どうぞ、お身体ご自愛して、よい年をお迎えください。
Commented by pikeflower at 2013-12-28 21:07
uransuzuさま

恐れ入ります^^; 
名前も顔も出して、来年からはtebuさまのように
もっといい仕事したいなという、決意表明でございます。

こちらこそ、お世話になりありがとうございました。
そのうちご縁がありましたら、ワクワクのご対面ありますように、
来年もどうぞよろしくお願いします❤


<< 謹賀新年      クリスマスのアレンジ(ネズジンパチ) >>