花と・・・Hana plus

pikeflower.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 27日

長野行ってきました


週末は長野に行ってまいりました。

ひとつは、フジコ・ヘミングのコンサートにいくことと、
昨年末にオープンした マイミク桑畑さんのレストランを訪れ、
友人のサトちゃん夫婦にもそこで会って一緒にディナーをと、
一粒で3度おいしいイベントになりました。

b0144605_2261251.jpg

まず、おみやげ公開。
すごくおいしいからナマで使って、といただいた松本の生醤油は、サトちゃん夫婦にいただき、
その右は桑畑さんレストラン特製ドレッシング。
そば茶、グリーンと黒のツートンカラーの不思議な豆・くらかけ豆と、
長野のお菓子いろいろ・・写ってないけど信州そば・・(全部食べ物・笑)




当日はあいにくの雨。
昼間のコンサートが終わったら、さらに大雨!


夕方から塩尻、友人のダイニング・小曽部デールへ。
駅からタクシーで行ったのですが、住所と地図なしでは、まず行けない場所・・と
桑畑さんに言われて覚悟していたけれど・・

車一台やっと通れる、思いっきりくねくねの山道を通り(雨の夕方は恐っ)
ちいさな湖をまたぐ、これまた小さな橋を渡り(昼間なら新緑がきれいでしょうが、見えず・・)
車一台分の車幅しかない古いトンネルをぬけ・・・(まるで箱根の峠みたい、対向車きたらどーするの・・・汗)
さらに迷いながらも、ようやく到着(ふぅ~・・汗×2)
タクシーの運転手さんって、やっぱりすごいっ・・(長野の人はみんなとても親切でした・・)


そして、実は今回、これが初めての桑畑さんとの感激のご対面 (でも初対面とはまったく思えず・・^^)
現地集合で落ち合った、友人サトちゃん夫婦と、
おぉ・・・よくここまで来れたねぇ・・・とお互いをほめたたえ(笑)



店内へ・・

古民家風の木材を使い、あたたかみのある土の壁、ほっとする自然素材のおしゃれ系インテリア・・
軽いジャズが流れて (かな?と思ったんだけど、実はブルースでした・・オーナー曰く)
鬼太郎に遭遇しそうな、秘境の地から目と鼻の先で・・
シックなおとなのための心地いい空間だなんて、
このギャップが、おもしろい。



楽しみなディナー (しゃべるのに忙しく、写真あまり上手に撮れなかったけど・・)

ここでは、シェフもサービスもぜんぶ桑畑さんひとり。
だから、ディナー、ランチとも一組限定なのです。

最初のグリーンサラダ。
野菜はすべて新鮮で甘く、濃厚な味です。ルッコラが濃い!
地産地消で、現地で生産したものだけを使っているそうです。

粉チーズともよくあってた、オレンジを使ったマイルドな自家製ドレッシング(あとでおみやげにお買い上げ ^^)
パンのバゲットも自家製、つけるのはバターでなく、中近東料理のひよこ豆のペースト、フムス?
やさしい味、おいしい。

b0144605_21342534.jpg

このあと、白身魚のカルパッチョ。
アボガドをつかった冷や奴。

花豆や長野特産のくらかけ豆の二種類でビーンズサラダ。
このくらかけ豆、おみやげに買いました(最初の写真中央)
レバーのコンフィ。
なすとトマトのマリネ。

b0144605_2141223.jpg
















牛肉の煮こみ。最近、わたしお魚ばっかりだったから、元気になりそ・・

b0144605_2143367.jpg

b0144605_21542674.jpg

野菜のポタージュスープが途中ででてきて、

シーフードのタイカレー、山菜のフリットと。ターメリックライス。
フュメ・ド・ポアソン(魚のだし)でおいしくできています。
ここで少食の私は、ギブアップ。
せっかくだから、これはお持ち帰りに、ドギーバッグにいれてもらった^^;

最後のデザートは、チョコレートケーキと2種類のアイスクリームと生チョコ。
コーヒーもこだわりの、水出しコーヒーいただきました。






そして最後のおでまし、

b0144605_2213073.jpg

桑畑さんちの愛犬ハンナちゃん。


今日のこのたくさんの品数のお料理のために、
たったひとり、一日厨房に立ち続けで調理して、もてなしてくれた桑畑さんでした。


2時間ちょっとでは話したいこと全部は話せず、短すぎる滞在時間でしたけど、
いごこちのいい、
そしてうれしい小曽部デールのひととき、でした。
[PR]

by pikeflower | 2009-05-27 23:04 | 小曽部デール | Comments(0)


<< 5月のお花      おいしいパンとワインの幸せ >>